令和3年7月

 

 

令和3年度 日本栄養・食糧学会学生優秀発表賞につきまして

 

第75回日本栄養・食糧学会大会における学生優秀発表賞が、以下の10名に決定いたしました。

演題登録時にこの賞にエントリーされました104名の応募者は学会活動強化委員会の一次審査により23名に絞られました。大会2日目に、演題ポスターと提出された2分間のショートプレゼンテーション動画ファイルにより、審査員である同委員会委員・理事との質疑応答を行い、最終審査の結果、受賞者が下記のように決定いたしました。

 

太田 知志(京都大学大学院 農学研究科)
A-02【磁気ナノビーズ法を用いたスフィンゴイド塩基結合タンパク質の探索】
 
  齋藤 穂高(東京大学大学院 農学生命科学研究科)
A-11【内因性酸化ステロールによるコレステロール恒常性制御】
 
三浦 菜穂(静岡県立大学大学院 薬食生命科学総合学府)
A-13【骨格筋に含まれるホスファチジルコリンのsn-1位に結合する脂肪酸リモデリング機構
   の解明と骨格筋機能への影響】
 
石山 詩織(山梨大学大学院 医工農学総合教育部)
A-53【栄養不良培地αMEM培地を用いた胚培養により作製されたマウスは、炎症性サイトカイン
   を高発現する糖尿病モデルである】
 
高木 風香(京都大学大学院 農学研究科)
C-18【マグネシウム欠乏によるラット腎皮質の代謝変化】
 
Borg James(東京大学大学院 農学生命科学研究科)
C-19【食餌性マグネシウム欠乏による脳内炎症の誘導】
 
山本 有紗(京都府立大学 生命環境学部)
C-39【転写因子FOXO1の転写活性抑制による筋萎縮抑制効果が期待される植物・食品由来化合
   物の探索】
 
足立 雄一郎(徳島大学大学院  医歯薬学研究部)
C-45【all-transレチノイン酸は小胞体ストレス応答関連因子GADD34の発現制御を介して筋繊維
   タイプ変化を誘導する】
 
山田 千尋(静岡大学大学院 総合科学技術研究科
D-07【大腸へのビタミンB<sub>12</sub>供給は腸内細菌によるプロピオン酸生成と細菌叢の
   多様性維持に必須である】
 
河田 奈摘(九州大学大学院  生命機能科学科)
E-18【ウーロンホモビスフラバンBの肝臓脂質代謝関連遺伝子発現調節作用におけるマイクロ
   RNAの関与】

(順番は発表番号)